Click here for menu

普及について

マグカップを持つ外国人女性

現在国内には、ウォーターサーバーを提供する業者が数百社あると言われています。それらの業者が提供するウォーターサーバーはそれぞれ、毎月の必要コストが違って来ます。この理由は、ウォーターサーバーは複数のファクターから価格が決まるためです。 例えばサーバー代もそのファクターの1つです。サーバーは通常業者が貸し出す形で契約者に提供をしています。この際にサーバーレンタル料金が必要なところもあり、それが価格の違いを生んでいます。またサーバーはメンテナンスが定期的に必要であり、そのメンテナンス料金の有無も価格に影響します。 また当然利用する水の代金も影響してくるなど、月額のコストも1000円以下から、大家族なら1万円以上と幅が出てきます。

アメリカでは1910年代に登場したウォーターサーバーが、その後普及をして1930年代には全米で広く用いられるようになっています。それに伴って日本でも輸入されたサーバーが主に商業施設などで用いられていましたが、本格的な普及には至りませんでした。 この理由としては日本は水資源が豊かな国であり、わざわざウォーターサーバーを設置しなくても、井戸や都市部には水道が発達していたためと、言われています。 本格的にウォーターサーバーが日本で普及し始めるのが、1980年代のミネラルウォーターブームです。猛暑による渇水で、自宅に水を備蓄する重要性が広まったことも相まって、ミネラルウォーターの需要がますます高まり、それと共にミネラルウォーターや天然水を用いることができる、ウォーターサーバーも急速に普及をしていきます。