Click here for menu

コストについて

グラスに注いだ水の表情

電気によって稼働することで温水や冷水を提供しているウォーターサーバーは、そのランニングコストとして電気代について考慮しておく必要があります。 ランニングコストには、お水の代金と電気代、そして業者によってはサーバーレンタル料が必要となります。これらは毎月必要な経費なので、抑えることができるコストは抑えた方がより得をできます。 お水の代金に関しては、契約業者の中から複数の水から選べることが多いので、引き下げを考えるならば他の水に切り替える方法もあります。サーバーレンタル料は、最初の契約時に確認をしておき、納得の上で契約する必要があります。 電気代に関しては、温度の安置した場所に設置したり、省エネモードをうまく使うことでいくらか料金を引き下げることができます。

日本で長く用いられてきたウォーターサーバーは、水道直結型と呼ばれる、サーバーへ水の供給を水道を使って行うタイプが主流でした。主に公共施設や商業施設などに置かれている機器です。 1980年代に入ると、天然水が大ヒットをして、天然水とミネラルウォーターブームが始まります。これによってウォーターサーバーの需要も高まり始め、導入する企業や家庭も増加していきます。 かつてはサーバー機の高さがネックでしたが、レンタルによって貸し出して代わりに顧客に水ボトルを買ってもらうというスタイルが確立されたことで、安価に誰でも導入できるようになったのが、更なるウォーターサーバーの普及へと繋がります。現在では省エネ運用タイプの機種も多く、電気代も昔より安くなっています。